Skip to content(本文へジャンプ)

  1. ホーム
  2. 会社概要
  3. 企業情報

会社概要

企業情報

会社名DBJキャピタル株式会社
所在地

〒100-0004
東京都千代田区大手町1丁目9番2号
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ

設立平成22年6月30日(法人設立:平成17年10月)
資本金99百万円
株主(株)日本政策投資銀行 100%
経営陣

代表取締役 鹿島 文行

経歴を表示/非表示
1971年日本開発銀行(現(株)日本政策投資銀行)入行。
日本開発銀行経理部長、財務部長、情報・通信部長、エネルギー部長を歴任。
2001年日本政策投資銀行人事部長を経て、2003年同行理事就任。
2006年日本原子力発電株式会社 常務取締役を経て、
2013年DBJキャピタル(株)代表取締役就任。

取締役 内山 春彦

経歴を表示/非表示
1992年日本開発銀行(現(株)日本政策投資銀行)入行。
新規事業部、新産業創造部を経て、2008年同行新事業・技術投資グループ課長、2010年DBJキャピタル(株)投資部ディレクター。2015年同社取締役投資部長就任。

取締役 広田 哲章

経歴を表示/非表示
1994年北海道東北開発公庫(現(株)日本政策投資銀行)入庫。
(株)日本政策投資銀行企業金融第3部、同行南九州支店業務課長を経て、2014年DBJアセットマネジメント(株)総務部部長、同不動産投資運用部部長、2016年(株)日本政策投資銀行企業金融第4部次長を歴任。
2017年DBJキャピタル(株)取締役総務部長就任。

取締役 窪田 昌一郎

経歴を表示/非表示
1990年日本開発銀行(現(株)日本政策投資銀行)入行。
DBJアセットマネジメント(株)投資運用部部長、(株)日本政策投資銀行アセットファイナンス部長を経て、2018年同行執行役員企業投資部長就任(現任)。
2018年DBJキャピタル(株)取締役就任。

監査役 室井 正剛

経歴を表示/非表示
1978年日本開発銀行(現(株)日本政策投資銀行)入行。
同行高松支店総務課長、設備投資研究所主任研究員、株式会社けいはんな企画総務部経理課長、同行検査部検査役を経て、2002年設備投資研究所次長。2008年(株)日本政策投資銀行監査部内部監査役。
2013年DBJキャピタル(株)監査役就任。
投資決定委員 鹿島 文行(DBJキャピタル(株)代表取締役)
※経歴は経営陣を参照
内山 春彦(DBJキャピタル(株)取締役投資部長)
※経歴は経営陣を参照
窪田 昌一郎((株)日本政策投資銀行 執行役員企業投資部長)
※経歴は経営陣を参照

森本 美成(専門委員)

経歴を表示/非表示
1970年慶応義塾大学商学部卒業、同年野村證券(株)入社。
国内3支店での株式営業業務に従事した後、3年間のNY勤務(野村證券NY現地法人)を経て、1987年初代外国株式部長、1990年仙台支店長を歴任。
1993年野村證券を退社し、同年(株)ジャフコ入社、取締役投資第一本部長に就任。1999年常務、2002年専務取締役として投資部門を統括。
ジャフコ在籍中の13年間投資決定の最高機関である投資委員会のメンバーとして、全ての投資案件に関与。
主なIPO会社は、パーク24、プレシジョン・システム・サイエンス、セントケア、テー・オー・ダブリュー、ギャガ・コミュニケーションズ、光通信、HIS等々30社を超える。
2003年常勤監査役、2006年ジャフコ退任。同年野村證券顧問。
知財開発投資(株)のエグゼクティブアドバイザー、取締役を経て、2010年9月DBJキャピタル(株)投資決定委員就任。

松本 守祥(専門委員)

経歴を表示/非表示
1982年慶応義塾大学法学部卒業、ジャパンライン(株)(現 (株)商船三井)を経て、1989年日本アセアン投資(株)(現 日本アジア投資(株))入社。
1996年投資先企業部長・ポートフォリオマネジメント本部長に就任し、投資先企業の経営指導、株式公開、トレードセールス等を指揮。
2000年取締役に就任し、国内大手事業会社と共同で行う戦略的ベンチャー投資(CVC)事業を管掌。2002年以降PEセカンダリーの投資責任者として日本初のセカンダリーファンドを設立。2007年常務取締役、JAIC America Inc. CEO就任(シリコンバレー在住)。
2009年代表取締役社長に就任し、リーマンショック直後のJAICグループのリストラクチャリングを指揮。
2012年取締役会長。2013年同社を退職し、WM Partners(株)を設立、代表パートナー(現任)に就任。
2015年1月DBJキャピタル(株)投資決定委員就任。
組織図

組織図

業務内容 ベンチャーファンド・プライベートエクイティファンドの管理・運営事業